教職員向けの情報
国際交流センターホーム arrow 教職員向けの情報 arrow 外国人研究者の方へ arrow 日常生活 arrow 住居

住居

創立100周年キャンパス『UEC Port』内に宿舎を建設中(2018年完成予定)のため、現在、学内住居施設(国際交流会館)は、女子学生専用(家族室、夫婦室除く)になっています。中長期滞在の外国人研究者の招へいにあたりましては、民間のアパート・マンション又は国公私立大学が共同運営する八王子大学セミナーハウス等の利用をご検討ください。住居が決定しないと、住民登録、銀行口座開設等の手続きが行えず生活基盤の確立に影響が出ます。来日前の早い時期から、受け入れ側と外国人研究者が緊密に連絡を取り、来日早々住居を決定できるようにお勧めします。

学外で住居を探す

注意する事項

注意1:賃貸契約
1) 通常、賃貸契約には日本人の保証人が必要になります。
2) 賃貸契約期間は2年が一般的です。滞在予定期間が短い場合は、契約をする前に不動産会社に伝えるほうがよろしいでしょう。
3) 契約時に礼金(0-2か月分)、敷金(0-2か月分)を支払うのが、慣例です。又、契約更新の際には、家賃1ヶ月程度の更新料を払うことが多いようです。
4) 転貸や、契約時に届け出た同居人以外の者を無断で同居させることは契約違反となり、大きなトラブルのもとになります。

注意2:現状確認
入居前に内装をよく観察し、床や壁の傷など、次の退去時に問題になりそうな室内や設備の不具合については入居前に申告しておくとよいでしょう。

注意3:退居
通常1~2ヶ月前までにその旨を家主に伝える必要があります。予告が遅れると、家賃を余計に支払わなければならなくなりますので、注意が必要です。

業者例:

賃貸物件をお探しの際の参考にしてください。

1. 家具付き物件

レオパレス21 03-5937-9155(新宿店)

 

2. リアルエステート・エージェンシー
管理代行会社が希望に合う物件を探し、大家となって借主(外国人研究者)と契約をする仕組みです。英中韓の3ヶ国語のサポート体制により、外国人研究者の住まいに関る悩み・問題に対応してくれます。保証人を立てる必要がないため、受入れ教員の手間や契約上の負担を減らせるメリットもあります。

Inbound Support 03-3985-3777
リロケーション・ジャパン 03-5312-8757

 

3. UR都市機構
UR都市機構の賃貸物件は、礼金、更新料、仲介手数料、保証人が不要です。永住及び中長期在留の外国人は、賃貸の申込みが可能です。最寄りのUR営業センターへ、必要書類及び詳細についてご相談ください。
http://www.ur-net.go.jp/akiya/tokyo/area/list.html

注意:
1) 所得証明書(UR指定書面等)の提出が必要です。
2)外国人の賃貸に関しては、提出書類等が日本人の契約と異なる場合があります(入居条件が厳しくなることはありません)。
3) 物件案内、契約は日本語のみです。日本語を話し理解する同伴者を介してください。
4) 貸借にあたっては契約の内容を十分に理解し、団地、地域のルールを遵守することが求められます。

 

4. 公益財団法人大学セミナーハウス『留学生会館』
国公私立大学の学生及び教職員の相互交流と、高等教育・研究の成果を社会に広く普及することを目的に八王子に設立された施設内にあります。入居期間は原則として2年間、会館の状況により外国人研究者の入居も可能。概要は下記HPをご参照ください。

http://www.seminarhouse.or.jp/institution/ryugaku.html


入居希望の場合は、まずは受入教員を通じて学生課留学生係担当者(ryugakusei-k@office.uec.ac.jp)にご連絡ください。

 

5. 電気通信大学生活協同組合の住宅斡旋
生協では近隣の不動産業者と提携し、住まいの斡旋をしています。また、大学会館東側の生協掲示板には個人家主(大家さん)の募集が貼り出されていることがあります。詳細は下記HPをご参照ください。

http://www.univcoop.jp/uec/pdf/pdf_house.pdf

 

6. 情報誌から探す

これらのサイトでは外国人に役立つ様々な日本生活情報を提供しています。外国人歓迎の物件、保証人不要の物件や、家具付き物件なども取り扱っていますので参考にしてみてください。

 

7. シェアハウス
短・中期で契約できるところもあるため、外国人研究者が来日後に民間のアパートやマンション等長期居住できる場所が見つかるまでの住まいとしても利用できます。

 

電気通信大学国際交流会館

国際交流会館

国際交流会館は、東地区キャンパス北側に本学の留学生及び外国人研究者の居住用に1991年に設置されました。鉄筋コンクリート5階建て(一部3階建て)で、外国人研究者用として単身室2室、夫婦室2室、家族室1室があります。(単身室は、国際交流会館及び五思寮を合わせて最大2室となります。)

キッチン、トイレ、シャワー、風呂及び家具類が各室に設備されています。また、洗濯機、乾燥機も設置されています(単身室は共用)。入居期間は原則として1ヶ月以上1年以内で、入居申請は受入教員を通じて行います。なお、外国人教員(特任教員含む)は入居できません。(担当 :学生課留学生係 内線5112)

居室タイプ 賃貸料
(日割り不可)
管理費
(日割り不可)
(注1)
原状回復費
(税込)
(注2)
夫婦室(C) 19,310円/月 7,950円/月 37,800円~
家族室(D) 28,698円/月 10,200円/月 43,200円~

注1:共用部分の電気料、清掃料等のうち入居者が負担すべき経費
注2:清掃費は、明け渡し時の原状回復に掛かる最少額です。居室の状態によりこの金額より高くなる場合があります。
※各自の居室内で使用する電気料、ガス料、水道料、電話料等の光熱水料、その他の必要な経費は、入居者の使用実績による負担となります。

注1:管理委託会社への委託費用他、館内共用部の利用、管理、維持、保全費用。
注2:原状回復費は、明け渡し時に掛かる最少額です。退去の時期または居室の状況により、この金額より高くなる場合もあります。
※各自の居室内で使用する電気料、ガス料、水道料、電話料等の光熱水料、その他の必要な経費は、入居者の使用実績による負担となります。

 

作成日:2009年10月11日 / 更新日:2016年11月28日