教職員向けの情報
国際交流センターホーム arrow 教職員向けの情報 arrow 外国人研究者の方へ arrow 健康と安全 arrow 防災等(地震・火災予防等)

防災等(地震・火災予防等)

地震

1995 年には大阪・神戸で、2004 年には新潟、2011年には東北地方で大きな地震がありました。日本は地震の多い国です。とっさの時はどうするのか、避難場所はどこかなど、日頃から正しい心構えを持ち、いざというときはあわてず落ち着いて適切に行動してください。NHK(日本放送協会)では、大地震など大きな災害が予知される場合、テレビ放送の副音声とラジオ第2 放送(周波数693KHz)を通じ、英語で災害緊急放送を実施します。

地震に備えて

地震の被害を少なくするには、日頃の準備と心構えが大切です。

地震が起きたら

激しい振動は長くてもおよそ1 ~ 2 分で終わります。余震は一般的に本震より小さいと言われています。地震が起きたら、火事や大怪我などの2 次災害をおこさないために次の行動をおこしましょう。

  1. ガス器具や電気製品の火の始末をする。
  2. 窓や戸を開けて、出口を確保する。看板など物が落下してくる危険があるので、あわてて外に飛び出さない。
  3. テーブルや机の下などにもぐり、身の安全を図る。
  4. テレビやラジオなどで正しい情報をつかむ。
  5. 隣近所と声を掛け合い、お互い助け合う。
  6. 室外では塀や門柱など倒壊する危険のあるものに近寄らない。

また、大学内の避難場所は

です。

hinanbasho1.gif

居住市町の避難場所についても必ず確認しておいてください。

常時用意しておくと良い防災グッズ

ミネラルウオーター、保存食、懐中電灯、下着、薬、軍手、カイロ、マスク、タオル、ティッシュ、マッチ、ろうそく、紙コップ、紙食器、携帯ラジオ

火災予防

日本の住居は、極めて燃えやすい材料でできていることが多いので、火災予防には細心の注意が必要です。特に、外出する時と寝る時は、加熱器具、たばこ、ガスなどの火器類消火の確認をおこなってください。

火事が起きた時の対処法

作成日:2009年10月 8日 / 更新日:2014年8月22日