電通大生向け留学情報
国際交流センターホーム 電通大生向け留学情報 留学・派遣体験談 語学留学 体験談 國師 誠也さん

國師 誠也さん情報理工学部情報通信工学科

留学先: ウーロンゴン大学

私は夏期長期休暇を利用して、オーストラリアのニューサウスウェールズ州にあるウーロンゴン大学に短期語学留学に行きました。今回の語学留学の動機としては、語学力の向上はもちろんのこと、異文化交流や異なる価値観の学習があげられます。

1年の頃からこのプログラムには興味を持っていましたがなかなか勇気が出ず、実際に行動を起こすまでかなりの時間を費やしました。しかし、結果から言うと、もっと早く行動に移してこの経験ができていればと反省の念しかありません。
何が言いたいのかというと、留学に少しでも興味があるのであれば、悩む前に行動に移してくださいということです。海外での経験は必ず自分自身への大きな投資となります。英語は確かに日本でも学べますが、実際にネイティブの土地へ行って、自分自身で海外というものに触れ感じることの方がずっと有意義だと私は思います。

私が実際に留学して得たものの一つとして、他者との関わり合いの大切さがあげられます。人は生活していく上で必ず誰かの助けを求めたり、またその逆で救いの手を差し伸べたりします。しかし、これが言葉や文化の異なる人同士である場合、必ずしも自分の望んだ結果や成果が得られる訳ではありません。つまり、上手く互いのコミュニケーションが噛み合わないことが起こりうるのです。
今回の経験を通して、いかに上手く私自身が意図していることを伝えられるか、また相手の意図することを正しく解釈できるかが大きな問題でした。共通の英語という言葉がありながらも、かなり難しいということが分かりました。しかし、必死に伝えようとしたり理解しようとしたりすることで、相手の気持ちを尊重することの大切さや、正直に自分の意見を言うことの大切さについても学ぶことができました。日本人は自分の気持ちを隠しがちですが、そうしていると本当に自分のやりたいことができずに終わってしまいます。

留学したいという気持ちがあるのであれば、すぐに行動に移すべきだと思います。気持ちは後からでもついてくるはずです。

作成日:2014年8月13日 / 更新日:2014年11月12日