電通大生向け留学情報
国際交流センターホーム 電通大生向け留学情報 留学・派遣体験談 語学留学 体験談 尾鷲 真士さん

尾鷲 真士さん

留学先: クイーンズランド大学

私は、今回のクイーンズランド大学での語学留学を通して、世界中から集まった他の留学生たちと英語を学び、英語によって交流を行いました。学校でも滞在先でも、大半の場面で英語を耳にするので、着いた直後は理解したり答えたりするのに大変苦労しましたが、ホストファミリーの方々や先生、学校で知り合った友達が自分のためにできるだけ分かりやすいように話してくれ、会話しているうちにある程度自然に日常の会話ができるようになってきたと思います。実際に異国で生活して、ネイティブの人々にどれほど自分の英語が通じるのか試すというこの経験は、日本ではまずできない貴重なものだったと思います。

授業では、お互いの国の文化や生活の紹介も交えて話す要素も多く、多国籍なクラスの相互理解を深めるための工夫がされていると感じました。生活面では、食事が日本とは大きく違いました。ホストファミリーの家では、明確な主食がない時もあり、量も少なめでした。また、子供がいるためか生活リズムが規則正しく早寝早起きが徹底されていて、私も見習いたい部分でした。

この語学留学で教訓になったことは、伝わらないかもしれないけどとにかく積極的に英語を使って会話をしてみることです。間違えたらどんどん教われば良いし、簡単な会話でも意思疎通ができたときはとても気持ちが良いです。5歳の子供でさえも、私にとっては素晴らしい英会話の先生でした。英語によって、現地の人たちや世界中の留学生と少しでもつながれたことには、大きな意味があったと思います。

作成日:2014年8月13日 / 更新日:2014年11月12日