電通大生向け留学情報
国際交流センターホーム 電通大生向け留学情報 留学・派遣体験談 語学留学 体験談 田中 真人さん

田中 真人さん

留学先: ハルビン工程大学

私はこの春休み、ハルビン工程大学へ2度目の短期留学にいきました。
そこでの勉強や生活で感じたことをまとめました。

学習面

前回の留学以降、HSK各級の取得に向けて努力し5級まで取得しました。今回はHSK5級程度の能力を持つメンバーが配属されるDクラスに入り、中国語の勉強しました。科目が、前回受講したCクラスの総合・聞く・話す・読むの4科目から、総合・会話・新聞を読む・文法・作文文法の5つに変わりました。文章や単語の内容は、書面で用いる言葉が多くなりました。文章を読む分には難しい部分はあまりありませんが、文章を書く分には、意味は一緒で活用が異なる言葉(激動と激情など)が使われるようになるなど、難易度が上がっていました。

聞き取る能力については、標準語で早口でない場合には聞き取れますが、日本には無い発音の差異(x shなど)で聞き間違えることがあり、聞き取れませんでした。発音については、クラスで一番多く訂正されましたが、そのことで先生が不機嫌になったり、生徒が困ったりはしないので、沢山練習できてラッキーだと考えるといいと思います。大体の場面において、対面では何をいいたいのか通じましたが、電話では通じませんでした。

HSK5級以降は作文があり、その作文についての指導を受けることはなかなか難しいため、帰国せずHSK6級(最上位級)取得まで、中国でがんばりたいと感じました。

交流面について

前回の留学と異なり、寮が1人1部屋でクラス外での異文化交流は難しくなっていました。しかし、上位クラスは生徒の成績にばらつきが少ない為か、前回の留学時より交流が盛んでした。今回日本人はクラスに私ひとりだったので、韓国人のメンバーとよくご飯を食べにいきました。前回の留学ではちょっと考えられなかった行動ですが、すぐに仲良くなりました。最大の要因は皆中国語で主張したいことを言えるからだと思います。授業の進行についていけるなら、より高いクラスに入ったほうが、沢山異文化交流ができて楽しいと思います。

しかし、クラス外でも、前回留学時に同じクラスだった留学生や、日本で交流のあった中国人留学生、日本人留学生担当の楊先生が紹介してくれた中国人学生と沢山交流できました。日々の生活で不明点があった場合などに色々助けてもらうとともに、相手の知りたがっている日本の現状を教えたり、授業では分からない日本語の違いを教えたりしました。日本語自体については日本語検定N2級程度の内容がメインでした。日本文化は、詳細にではなく大枠でも、本質を捉えた説明ができた時に喜んでくれていると感じました。

前回留学時に同じクラスだった留学生や、日本で交流のあった中国人留学生と再会したのですが、やはり国家を超えて再会できると、喜びはひとしおです。母国の料理をご馳走になったり、元宵節に家に招いていただいたりしました。今回は、彼らをもてなせる状況になっていなかったので、今度日本にきたら色々ご馳走したいと思っています。

生活面について

英語が分かるスタッフがとても少ないです。事前に英語や日本語の分かる中国人か留学生に助力を頼めると、より簡単に生活できると思います。

入学の手続きのほかに、水・電気・インターネットの代金の払い方、道の渡り方が分かれば、学内では安全に生活できるかと思います。うまく伝えられない場合には、関係する書類や絵を見せて、寮の事務室で"这个!"と言えば、分かるまで説明してくれます。中国人はちょっとでも分からないと、その辺の人に道を聞いてくるので、カタコト会話に自信がついたらこっちもその辺の人に尋ねてみると、会話のレベルも速く上がって、道も分かって一石二鳥です。

また、電通大から行く生徒はすぐ帰ってしまうので、クラスの生徒が壮行会を開いてくれます。私も壮行会を開いてもらい感動しました。私は感動すると言葉が出なくなってしまうたちなので、締めの言葉を言うのがつらかったです。

最後に

留学に行くと、色々な文化の人に出会えます。色々な文化の人がいると、些細なことでさえ、大きな話題や大事件となります。
日本人のほとんどいないハルビン工程大学へ行って、日本代表として各国の方と交流してみることは、たとえ1ヶ月であってもとても大きな経験になると思います。

田中 真人さん 田中 真人さん 田中 真人さん 田中 真人さん

作成日:2015年2月19日 / 更新日:2015年4月21日