電通大生向け留学情報
国際交流センターホーム 電通大生向け留学情報 留学・派遣体験談 海外インターン 体験談 水谷 祐基さん

水谷 祐基さんMIZUTANI, Yuki総合情報学専攻 修士2年

実習期間:2012年8月13日~9月7日 実働:20日
派遣先: アメリカ合衆国 Valley Campus Inc.

滞在国や実習機関の第一印象は?

第一印象として、東京と比べてはるかに広々とオフィスが点在していることに驚きました。
シリコンバレーはビルが密集しているわけでもなく本当に閑散としているため、車がないと生活はできず、車社会であることを痛感しました。

どんな仕事を担当したか?

同社が開発したM2Mの開発ツールであるiNodeと呼ばれる組み込み機器を使った、デモアプリケーションを作成しました。

仕事で楽しかったことは?

シリコンバレーでは、カフェで仕事の打ち合わせを行う事が日常的にあります。そのようなスタイルで研修の打ち合わせをカフェで行なう等、現地の風土を感じながら働けたことは刺激的で楽しかったです。

仕事で大変だったことは?

デモアプリケーションを実際に開発していくことが何よりも大変でした。小さなアプリケーションでしたが、ハードウェアからデバッグして開発していく作業に慣れておらず、エラーの原因を特定するのに時間を取られることが多かったです。
また、研修活動外で現地のイベントに参加した際は、自身の英語能力のつたなさを痛感しました。

海外インターンシップに興味をもっている後輩に一言

海外で仕事をするということは一見ハードルが高い様に感じるかもしれませんが、そこまで躊躇せずにまずは行ってみてください。
インターンシップを始めてみると、苦労しそうなところが案外平気だったり、思わぬところでつまずいたりします。そういう体験は、学生時代しかできないですし、貴重なものになると思います。

作成日:2012年9月 7日 / 更新日:2013年5月 2日