電通大生向け留学情報
国際交流センターホーム 電通大生向け留学情報 留学・派遣体験談 海外インターン 体験談 高林 歌穂さん

高林 歌穂さんTAKABAYASHI, KAHO情報・通信工学専攻 修士1年

実習期間:2012年8月15日~9月28日 実働:45日
派遣先: タイ NECTEC

滞在国や実習機関の第一印象は?

タイはとてもにぎやかな所だと思いました。特に都市部は人が多く、あちこちを走っていた色が派手な車には驚きました。研修に行った会社の付近にも定期的に多くの屋台が立ち、多くの人で賑わっていました。

どんな仕事を担当したか?

RF energy harvesterという、電波で電池を充電する回路を設計する仕事を担当しました。
Energy harvesterに関する知識が全体的に不足していたため、始めの二週間は論文をひたすら読み、基礎を勉強しました。設計は回路シミュレータで、特性を確認しながら行いました。

仕事で楽しかったことは?

本格的に回路を設計することは、初めての体験でした。どのように回路素子を使えば良い特性になるのかを試行錯誤する毎日で、とてもやりがいがありました。研修先の部署の人たちにも課題の相談に乗ってもらったり、昼ご飯を一緒に食べたりと、よくお世話になりました。
また時々寮で自転車を借り、付近のサイクリングを楽しんでいました。

仕事で大変だったことは?

なかなかシミュレータ上で良い特性を出すことができず、一日中悩んでしまったことが何度かありました。そしてその多くが、担当の教授や同じ部署内の人に相談したところ、簡単なミスが原因だったことがわかり、もっと早く聞けば良かったと思いました。
また研修先の会社内と滞在した寮では英語で話すことができましたが、外ではほとんど英語が使えませんでした。これに対してはメモ帳を持ち歩き、単語を書いて見せたりしていました。

海外インターンシップに興味をもっている後輩に一言

インターンシップに参加したら、とにかく自分から積極的に動いてみてください。海外インターンシップでは、特にそれが大事なことだと思いました。

作成日:2012年9月28日 / 更新日:2013年2月21日