電通大の国際交流
国際交流センターホーム arrow 電通大の国際交流 arrow 国際交流事業 arrow ICTトライアングルフォーラム arrow ICTトライアングルフォーラム 2011年

ICTトライアングルフォーラム 2011年

title-trisai-2011.png

電気通信大学(UEC)、北京郵電大学(BUPT:Beijing University of Posts and Telecommunications)韓国科学技術院(KAIST: Korea Advanced Institute of Science and Technology、2008年度までは韓国情報通信大学 ICU: Information and Communications University)は、従来からの協力関係を発展させ、日中韓の情報通信系3大学の研究・教育の連携を一層深めるため、 2006年からこのICT(情報通信技術) トライアングルフォーラムを毎年開催しています。2006年、2009年は本学で、2007、2010年はBUPTで、2008年はKAISTに統合される前のICUで開催されており、本年(2011年)はKAISTが主催校となって8月25~26日に韓国テジョン(Daejeon)にあるKAISTで開催されました。

トライアングルフォーラムは、当初国際シンポジウム(2008年からTriSAIと命名)と学生の国際交流活動が主体でしたが、2009年からはPBL形式の授業を行う「大学院国際プロジェクト」が加わり、各種の交流が行われてきています。ただし今年(2011年)は大学院国際プロジェクトはUECとBUPTで実施され、KAISTでの今回の催しはTriSAIが主体となっています。

BUPTからは15名(教員・スタッフ7名、学生8名)、韓国科学技術院からは24名(教員11名、学生13名)が参加しました。 電通大からは32名(学長を含む教員10名、学生22名)の参加があり、合計71名の参加者を得ました。期間中、下記のような各種の行事が行われました。

 

Page Top

作成日:2011年10月 3日 / 更新日:2011年11月18日