電通大の国際交流
国際交流センターホーム arrow 電通大の国際交流 arrow TOPICS arrow 【報告】キングモンクット工科大学ラカバン校一行が電通大を表敬訪問

【報告】キングモンクット工科大学ラカバン校一行が電通大を表敬訪問

2018年3月26日、キングモンクット工科大学ラカバン校のLalita Visitanupong国際室長と、工学部Taworn Benjanarasuth准教授が、電気通信大学を訪問しました。キングモンクット工科大学ラカバン校は、1960年に創設された総合理工学系大学で、多数の優秀な工科系人材を輩出しています。同校とは、1997年に大学間交流協定を締結しており、共同で利用できる研究室を両大学に設置し、活発な研究者同士の交流を行っています。さらに夏休み期間等を利用した短期間の学生交換プログラムの実施等、学生交流においても長期間にわたる交流実績があります。

Lalita国際室長とTaworn准教授は、田中理事らを表敬訪問し、両大学間のこれまでの研究・学生交流についてお互いに謝意を述べました。

また、本学の国際教育センターにおいて池田センター長等とミーティングを行い、今後の研究連携及び学生交流のさらなる推進のため、活発な意見交換を行いました。

作成日:2018年3月30日 / 更新日:2018年3月30日