電通大生向け留学情報
国際交流センターホーム 電通大生向け留学情報 留学・派遣体験談 語学留学 体験談 堀越 健太郎さん

堀越 健太郎さん総合情報学科・1年

留学先: アデレード大学

1.アデレード大学(オーストラリア)語学留学への参加動機
 
まず入学時にこのプログラムの告知があり、そこでこのプログラムの存在を知った。
もともと海外に出てみて実際に自分の英語を使ってみたいという思いがあったので迷うことなく参加を希望した。
 
 
2.授業、大学主催の交流活動について
 
授業に関しては文法の授業というよりは、クラスメイトと班を組んで英語でディスカッションをするといったことがメインだった。私は英語を使いたかったので楽しんで授業に参加できた。そして私は大学主催のイベントにすべて参加したのだが、もともと日本人が多かったので日本人の友人が増えただけであった。
 
 
3.授業以外の活動について
 
授業がない日は主にホストファミリーと過ごした。
ホストファミリーにも恵まれて、アデレード市近郊の観光地にも連れて行ってもらえた。
印象強かった観光地はビーチである。グレネルグビーチは特に美しく、ぜひ足を運んでもらいたい場所である。
 
 
4.ホームステイや生活一般について
ホームステイ先の家族とよく話をしたのだが、やはりお互いの国についての話がとても盛り上がった。文化やマナー、宗教の違いについて話すことが主だった。
またオーストラリアではカルチャーショックに感じるほどではないが、家の中でも靴を履くといった日常生活における違いも見られた。
 
5.今回の留学を通じて得たこと
 
私は今回の留学で積極性と他国の人への理解が得られたと思う。
特に私が最も強く感じたことは偏見を持つべきではないということである。
私は中国に関するニュースや報道で中国人の人にあまり良くないイメージを持っていたが、実際に話してみると皆親切で優しい人ばかりで、ニュースの報道は一部の人しか報道していないことを改めて感じた。今後は勝手な先入観にとらわれることなく物事をいろんな視点から見てみたいと思った。
 
 
6.反省点
 
やはりもう少し英語を勉強しておくべきであったと思う。
英単語をもう少し覚えておいたり文法事項を日ごろから学習していたらもっと会話の幅が広がったと思う。
また、日本についてあまり知らなかったことである。
日本の宗教、政治についても質問されて答えられないことが多々あり、後悔している。
 
 
7.その他参加希望者へのアドバイス
 
留学するにあたって、日本についてよく知る必要があると思った。国土の広さや人口などである。あるいは自分の住んでいる県について特産品であったりを知っておくべきだと思った。
 
horikoshi_001.jpg

作成日:2015年9月 1日 / 更新日:2015年11月10日