電通大生向け留学情報
国際交流センターホーム 電通大生向け留学情報 留学・派遣体験談 語学留学 体験談 牧 実咲さん

牧 実咲さん先進理工学科・2年

留学先: ハルビン工程大学

1.ハルビン工程大学(中国)語学留学への参加の動機
 
このプログラムを知ったきっかけは、学内に掲示されていたポスターでした。私は留学にとても興味があり、又1年生の時に第二外国語で中国語を履修していたので、この機会が中国語を再度学ぶきっかけになれば良いと思い留学を決めました。又、オーストラリアに比べて値段が安価な点にも魅力を感じました。
 
しかし参加を少し迷った点もありました。それは、本学からの参加者が私一人だったので少し不安だった点、ハルビンという都市があまり知られていない都市であった点です。
 
 
 
2.授業、大学主催の交流活動について
 
クラスの編成は一クラス15名程で、私のクラスは韓国人とタイ人がとても多かったです。授業は、読解、リスニング、会話、総合の4種類で100分授業が1日2~3コマありました。朝は8時からで一番遅い授業は18時まで行われていました。私が選択したコースは難易度のあまり高くないクラスで、日本の第二外国語の授業の少し上ぐらいでした。授業はすべて中国語で進められ、難しい語句等は英語で説明を受ける形であった為、聞き取るのが困難でした。又、毎日漢字の宿題が出て次の日に小テストがあり、放課後は宿題に追われる日々を過ごしていました。
 
授業が始まって3週目以降は、古琴と書道と体育の選択授業がありました。特に古琴はとてもいい音色で日本ではなかなか触る経験がなかったので楽しかったです。
 
 
 
3.授業以外の活動について
 
放課後は、仲の良い留学生の友達と勉強しあったり、一緒にご飯を作ってパーティーをして過ごしていました。また、金曜日は午前中で授業が終わってしまう為、午後から友達と街に出かけていました。あまりハルビンの事を知らなかったので、先生にお勧めの場所を教えて頂き、行き方を現地の中国人に尋ねながら観光したので中国語の勉強にもなりました。
 
観光スポットでお勧めなのは中央大街、太陽島、北方動物園です。
 
中央大街はロシア風の建築物が多く、とても綺麗です。お店も沢山あり、ロシアの民芸品を買うこともできます。そして、ハルビンで有名なアイス、パン、ソーセージを食べることが出来、それらはとても美味しかったです。
 
太陽島は、中央大街から船で行ける島で、とても自然が豊かです。季節の良い時期には花がとても綺麗だそうです。少し広いので歩いて回るのは大変でした。
 
動物園は、ハルビン工程大学から高速バスで約2時間のところにあります。日曜に行きましたがあまり混んでいませんでした。園内はとても広く、動物を見るというより動物を探すという雰囲気に近かったです。沢山の種類の動物がいて、とても楽しかったです。
 
 
 
4.宿舎や生活一般について
 
寮にはユニットバス、ベッド、冷蔵庫、ポット等が各部屋に完備されています。また、各フロアに共同のキッチンと洗濯機があり何不自由なく生活が出来ます。滞在の長い留学生は、調理器具を沢山持っていて、各国の料理をよく作ってくれました。私も日本の料理を作れるように材料を持っていくべきだったと思いました。
 
食事ですが、大学構内に2つの食堂があります。肉まんなどは0.8元で食べることが出来、高いものでも20元あれば食べられるためとても安いです。更に、学外にも沢山のレストランがありました。
 
大学から歩いて10分程のところにはとても大きなスーパーとデパートがありました。そこでは日用品が何でも揃いとても便利です。デパートには、ユニクロやハニーズなどの日本のブランドもありました。
 
 
 
5.今回の留学を通じて感じたこと、得たこと
 
この留学をする前は中国に対してあまり良いイメージを持っていなかったというのは事実です。行く前にも天津で爆発が起きたり、大気汚染があったり、少し不安なこともありました。しかし、ハルビンでは環境問題も夏の時期は無く、過ごしやすかったです。治安面についても、大方安全でした。出会った中国人は、皆さんとても優しく接してくださいました。この事から、日本にいてマスメディアから得られる情報だけを鵜呑みにし、そこからその国のイメージを勝手に作ってしまうのは間違っていると感じました。
 
又、私にとって今回が初めての寮での一人暮らしでした。頼る人の居ない中での生活は自立心を身につけることが出来ました。
 
今後の目標としては、中国人ともっと円滑にコミュニケーションが出来るように中国語の勉強を続けていこうと思います。そしてHSKなどの資格試験にも挑戦していきたいです。
 
 
 
6.反省点
渡航前にもう少し中国語の単語を覚えておくべきでした。そうすればもっと会話が出来、より実りのある研修になったと思いました。又、紙辞書は持っていきましたがピンインさえわからない言葉も多かった為、中国語の電子辞書を買って持参すべきでした。
 
 
7.その他参加希望者へのアドバイス
 
ハルビン工程大学には、日本の学生はほとんどいない為中国語を学ぶ絶好の場所だと思います。語学学校は6段階のクラス編成であり、一番下のクラスはピンインから教えて下さるので中国語が全く出来ない学生でも困ることなく学習ができます。
 
現地の先生はとても優しく、困ったことがあれば助けて下さいます。また日本の文化(アニメ)は中国でもとても人気で、アニメから日本語を学習している生徒も多く、学校内で日本人というだけで中国の学生が話しかけてくれたりしました。
 
中国に限らず、とにかく留学してみたいという人にもこのプログラムはお勧めです。沢山の国の友達ができ、中国語と同時に英語力も向上すると思います。
 
最後になりますが、この短期留学の機会を下さった大学、また様々な支援をして下さった国際交流センターの先生方に感謝申し上げます。
 
 
maki011.jpg  maki012.jpg
 
maki013.jpg
  
 
  
 
 

作成日:2015年8月31日 / 更新日:2015年10月21日