電通大生向け留学情報
国際交流センターホーム 電通大生向け留学情報 留学・派遣体験談 語学留学 体験談 佐藤 綾香さん

佐藤 綾香さん先進理工学科3年

留学期間:5週間
留学先: クイーンズランド大学

1.クイーンズランド大学(オーストラリア)語学留学への参加動機 
 
高校の時から大学生になったら留学したいと考えており、奨学金も充実し治安の良いオーストラリアへの留学が可能ということで、参加を決めました。また、消極的で行動力のない自分を変えたいと思ったのも理由の一つです。
 
 
2. 授業、大学主催の交流活動について
 
授業は少人数で、発言しやすい環境で良かったと感じています。しかし、レベル4のクラスでは日本人が半分以上なため、日本語を使わないことを強く意識しなければなりませんでした。日本の英語の授業とは違い、常に誰かが発言し、生徒が積極的に参加するという充実したものでした。今まで受けた英語の授業の中で一番楽しかったです。
 
 
3. 授業以外の活動について
 
授業が半日で終了するため、様々な活動に参加できました。まず趣味のバレエを行うためにスタジオに連絡をとりレッスンに参加しました。またUQの日本のサークルWASABIや写真研究部に参加しUQの生徒と交流しました。そして一番良い思い出になったのは、メルボルンへの3日間の旅行です。STAで実際にフライトや宿を英語で予約し充実した日々を送りました。その他にもクラスでサウスバンクでBBQをしたりと様々な思い出が出来ました。
 
 
4. ホームステイや生活一般について
 
まず、ホームステイですが、マザーがベジタリアンであったこともありとても料理は美味しかったです。ただ、量はとても多いです。特に生活で不便に思ったことはなく、シャワーの時間が5分であったのですが、慣れれば問題ありませんでした。また、ルームメイトの中国の女の子と仲良くなり二人で出かけたりととても充実していました。夕食では、文化の違いや、社会問題など幅広く会話をすることができ英語の勉強になりました。

物価がとにかく高いので、お昼は自分で持っていったり、安いフルーツをおやつ代わりにしていました。
 
 
5. 今回の留学を通じて得たこと
 
なんでも失敗を恐れず行動すれば、たとえ失敗しても自分の好きなことが出来るということを実感しました。とにかく、なんでも行動してみようという主体性が身に付きました。
 
 
6. 反省点
 
レベルの高いクラスであれば日本人のいない環境で学習できたので、もっと勉強してから留学すれば良かったと後悔しています。
 
 
7. その他参加希望者へのアドバイス
 
迷っているのであれば、必ず参加すべきだと思います。面談時に緊張で名前しか言えなかった私ですが、オーストラリアで国内旅行が出来るまでに成長しました。留学での後悔はひとつもありません。
 
メルボルンのブライトンビーチ(1/2) メルボルンのブライトンビーチ(2/2)
 
 

作成日:2016年3月25日 / 更新日:2016年4月25日