教職員向けの情報
国際交流センターホーム arrow 教職員向けの情報 arrow 帰国 arrow 帰国

帰国

(重要) 下記は出国前に必要な手続きの情報です。個人の状況によっては下記以外に必要な手続きがある場合があります。必要な手続きは出国前に必ず終了してください。

(参考)帰国時手続きチェックリスト(PDF 176KB) 学内専用

帰国時の手続き

住居の退去

住居を退去する時には、退去予定日の1ヵ月前までには家主(住居を管理している人)または民間不動産業者にその旨を伝え、手続きをしてください。退去予定日に向けて部屋の掃除やごみ(特に粗大ごみ)の始末をしてください。入居時に支払った敷金は、退去時の部屋の清掃、内装や備品などの修理・更新に充てられ残りが返金されます。

転出届

帰国日が決まったら、お住まいの市町村役場に『住民異動届』を提出してください。

※帰国の2週間前から手続き可能です。
※帰国に際しての異動届の提出は、法律で決められています。正当な理由もなく届け出をしなかったり遅れたりすると過料を課せられることがありますので、ご注意ください。

電話・インターネット・公共料金等の解約精算

固定電話や携帯電話、プロバイダ(接続業者)については契約している会社に連絡をとり手順を確認して解約・精算の手続きを行ってください。電気、ガス、水道などの公共料金については退去日の数日前にはそれぞれの会社に電話連絡をとり、精算を済ませてください。

連絡先 電話番号
東京電力[多摩カスタマーセンター] 0120-995-661(英語可)
東京ガス[お客さまセンター] 570-002211(英語可)
東京都水道局[多摩お客さまセンター] 0570-091100(英語可)

各種証明書、図書等の返却

日本での在留を終え帰国する際には、手持ちの各種証明書等を返却してください。

返却先は、『帰国時手続きチェックリスト』(学内専用)を参照ください。

  1. 国民健康保険証:お住まいの市町村役場の国民健康保険課へ返却
  2. 共済・社保健康保険証: 学内担当部署
  3. 電気通信大学 職員証/身分証:学内担当部署
  4. 大学生協組合員証:生協組合事務室
    ※退会手続きを行う際に返却します。組合会費が返却されます。
  5. 本学および公共の図書館などで借りている図書等がある場合にはその返却も忘れずに行ってください。

銀行口座の解約について

非常勤教職員の場合、本学からの給与振込みは就労最終月の翌月17日となります。本学では給与の海外送金及び海外の口座への振込みをしていません。また、帰国後、電気・水道などの公共料金の引き落としなども発生する可能性もあります。口座の解約時期についてはよくご検討ください。

※ゆうちょ銀行では、委任状による口座解約が可能です。下記書類を作成し、代理人に口座解約を依頼することができます。
委任状(74.9KB)

※ゆうちょ銀行以外のほとんどの日本の銀行では、本人以外の口座解約を認めていません。

※外国人研究者等支援スタッフは代理人にはなれません。

脱退一時金

日本と社会保障協定を締結していない国の国籍者で、国民年金保険料を6か月以上納めた方が帰国する場合、日本を出国してから2年以内に請求すれば、「脱退一時金」が支給されます。詳しくは、「帰国」の項及び下記HPを参照ください。

参考)日本年金機構:http://www.nenkin.go.jp/service/jukyu/sonota-kyufu/dattai-ichiji/20150406.html

辞職願

契約満了前の退職の際は、『辞職願』を提出ください。

辞職願雛形(176KB) (学内専用)

(参考)帰国時手続きチェックリスト(PDF 176KB) 学内専用を参照ください。

作成日:2017年10月26日 / 更新日:2017年10月26日