留学生の方へ
国際交流センターホーム arrow 留学生の方へ arrow 日常生活 arrow 留学生の身分に関する諸手続き arrow 在留資格の変更

在留資格の変更

交付された在留資格で認められている以外の活動を行おうとする場合には、「在留資格変更許可申請」をしてください。ただし、在留資格の変更は、申請すれば必ず許可されるとは限りません。
注:就労可能なビザへの変更を希望する場合、申請中に就労することはできません。留学生が卒業後研究室等に就職する等の場合、速やかに申請されることをお勧めします。

在留資格の変更時に必要な書類等

学部生、大学院生が申請するとき

  パスポート及び
在留カード
在留資格変更
許可申請書※
入学許可書
の写し※
収入印紙
本人が提出
する場合
大学が提出
する場合
不要

研究生が申請するとき

  パスポート及び
在留カード
在留資格変更
許可申請書※
入学許可書
の写し※
研究内容が記載
された証明書
収入印紙
本人が提出
する場合
大学が提出
する場合
不要 不要
  1. 在留資格変更許可申請書の様式は法務省:在留資格変更許可申請書からダウンロードできます。申請人が記入するページと大学が記入するページがあります。所属機関作成用のページは大学で記入しますので、申請人等作成用ページを記入した後、全ページを留学生係まで提出してください。
  2. 入学許可書の写しは、学部、学科、課程等の記載が必要です。

参考リンク

法務省:在留資格変更許可申請

作成日:2009年11月15日 / 更新日:2014年11月26日